ELM 勇気づけ勉強会
ELMはアドラー心理学を基礎にプログラムされた、
<自分自身を勇気づける実践的なスキルを体得することを目指す>
講座です。
  • 自分のことを好きになりたい
  • 親子関係をよくしたい
  • 夫婦関係をよくしたい
  • 「幸せな母」になりたい
  • ありのままの自分を認めたい


  • という方へ

講座詳細を見る
出産を経て新たに「母」という役割を担うようになったとき、新たに生じる我が子との関係のみならず、
夫婦間の関係、自分の親(特に母親)との関係、そして「これまでの自分」との関係で、
不安や悩みを抱える方が多くいらっしゃいます。
この講座では、アドラー心理学の理論をベースとしつつ、理論の詳細を学ぶのではなく、
毎回簡単なワークを通して、自分自身を勇気づける実践的なスキルを体得することを目指します。
そして、ありのままの自分を認められる状態を確保した上で、 周囲の人を勇気づけるコミュニケーション・スキルの向上を図ります。
「良い母」になるまえに「幸せな母」になること。そのために必要な、一生役に立つ生き方のコツを学びましょう。


お問い合わせ・お申し込みはこちらから
0800-800-3415
全国通話無料 | 受付時間:9:00~18:00 (平日)
携帯電話・PHSからもお気軽にお電話ください。
ELM 講座詳細
セッション1
  様々な見方・考え方の存在を意識する
セッション2
  聴き上手になる
セッション3
  言い方を工夫しよう
セッション4
  感情と上手につきあう
セッション5
  自分のスタイルを明確にする
セッション6
  セルフ・トークを意識する
セッション7
  目的を意識する
セッション8
  自分の人生を引き受ける
セッション9
  自分のよさを再発見する
セッション10
  あたりまえの価値を再認識する
セッション11
  物事を前向きに考える
セッション12
  勇気づけをする
対象
どなたでもご受講可能です。
日時
次回以降の日程は改めてご案内いたします。
料金
38,880円(税込) (全12章 45分/章)
会場
bon voyage有栖川
東京都港区南麻布5-3-20有栖川ビル2階
日比谷線「広尾」駅 徒歩7分 地図
お問い合わせ・お申し込みはこちらから
0800-800-3415
全国通話無料 | 受付時間:9:00~18:00 (平日)
携帯電話・PHSからもお気軽にお電話ください。
ELM 動画

ELMの講座の様子を動画で配信しています。

お客様の声
< 女性、お子様:8歳(女の子) >< 女性、お子様:9ヶ月(男の子) >
< 女性、お子様:4歳(男の子) >< 女性、お子様:1歳(男の子) >

お問い合わせ・お申し込みはこちらから
0800-800-3415
全国通話無料 | 受付時間:9:00~18:00 (平日)
携帯電話・PHSからもお気軽にお電話ください。
講師紹介

講師 熊野 英一

株式会社子育て支援 代表取締役
ボン・ヴォヤージュ有栖川 代表

<プロフィール>
アドラー心理学に基づく「相互尊敬・相互信頼」のコミュニケーションを伝える<親と上司の勇気づけ>プロフェッショナル。「ほめない・叱らない!アドラー式勇気づけ子育て各種講座」「アドラー心理学に基づく部下の自立を促すイクボス養成講座」等のテーマで講師を務める。これまで、ボン・ヴォヤージュ有栖川広尾サロンを皮切りに、伊勢丹新宿店cocoiku、 三菱地所を始めとする大手町・丸の内・有楽町に勤務するワーキング・マザーの会、 ソフトバンク、ドイツ証券、国立研究機関、大手製薬企業、日本能率協会マネジメントセンター、 自治体・教育委員会・PTA主催の講演会、子育て講座、管理職研修などに多数登壇。

 その他「日経DUAL」や「朝日おとうさん新聞」でのコラム執筆等を通して活発な情報発信も行う。 2016年4月、日本におけるアドラー心理学関連書籍を多数出版している老舗出版社アルテより 「アドラー・子育て 親育てシリーズ 第1巻 育自の教科書 〜父母が学べば、子どもは伸びる〜」 を発刊。

フランス・パリ生まれ。早稲田大学政治経済学部経済学科卒業。 メルセデス・ベンツ日本にて人事部門に勤務後、米国Indiana University Kelley School of Businessに留学(MBA/経営学修士)。 製薬企業イーライ・リリー米国本社及び日本法人を経て、保育サービスの株式会社コティに統括部長として入社。 約60の保育施設立ち上げ・運営、ベビーシッター事業に従事。2007年、株式会社子育て支援を創業、代表取締役に就任。 2012年、日本初の本格的ペアレンティング・サロン「bon voyage有栖川」をオープン。 日本アドラー心理学会 正会員。

※本講座担当の講師は複数名おります。

ELM お申し込みフォーム

お申し込みフォーム

必須お名前 例)有栖川 花子
必須メールアドレス 例)info@bonvoyage-tokyo.jp
必須携帯電話番号 例)090-1234-5678
任意ご希望日時

予約可能な日程一覧

任意お問い合わせ内容